ESクレド導入支援 - 取扱い業務のご案内

経営理念で業績が4倍かわる

経営理念の浸透の度合いで会社業績に4倍の差が生じるといいます。経営理念の浸透させる組織を作ることが、業績向上への近道であると言えます。

そして、クレドとは、「企業としての大きな目的に向かって、目標を達成していく上での信条」であり、経営理念に基づく、社内共通の価値基準・行動基準を示したものです。

クレドは、細かい行動基準を定義した業務マニュアルというものとは違い、一人一人の行動が、バラバラにならないよう揺るぎない経営信条、価値観をまとめたものです。

クレドを1人1人が自ら解釈し、その中で形成された行動基準を全従業員が共有されることで、従業員間のコミュニケーションを円滑化し、一人一人が優れた自律性と高いモチベーションを発揮するようになり、従業員に経営理念を浸透させることができるようになります。

ESクレドとは?

社内共通の価値基準・行動基準を示したもので、従業員が仕事のやる気を高め、組織の中で自分自身を活かしきることで、存在意義を実感し、自社の成長と自分の成長を結びつけて会社や仕事に誇りを持って、充実感を得ながら、仕事に取り組んでいる状態を作り出す。

社員・企業への称賛としてフィードバックされる(仕事へのやりがいを醸成される)
社員の人間性の向上、仕事意欲の向上、顧客サービス意欲の向上(CS)
業績の向上 経営理念の浸透
企業としての永続的な成長を実現し、ESを高め、
業績を高める仕組みを提案します。

北澤社会保険労務士事務所ご相談ください!
TEL:03-3762-3853 対応時間:9:00~18:00(平日)
※ 土日・祝日を除く
24時間受付 オンラインお問い合わせ